2交代の夜勤〜ポジティブな乗り切り方〜

 看護師の勤務体系には、二交代制と三交代制があります。2交代の夜勤というと、一晩中勤務することになります。うまく乗り切るにはどうしたらよいでしょう?

 

【二交代制の夜勤って、どんな感じ?】
 二交代制の夜勤は、大抵16:30〜9:00前後の勤務時間になります。実質は情報収集のために早く出てきますし、記録や残り仕事のために少し遅く帰ることになりますから、18時間くらいの勤務時間になります。
 準深通して働くと、体位交換やオムツ交換はあと何回やるんだろうと終わりが見えなく感じますし、余程体力に自信のある人でない限り、終わる頃にはクタクタ。

 

 

【二交代制夜勤のいいところ】
 二交代制夜勤のいいところは、一晩で二日分働いたことになりますから、深夜明けの次の日は原則休みで、最低でも「深休」になること。三交代制では休みの半分くらいが準夜明けで使われてしまうので、その差は大きいですね。
 特に子どもを実家に預ける場合はその回数が減ります。深夜と準夜別々で預けると、子どもは1か月のうち半分近くがおばあちゃんの家でのお泊まりになってしまうことがあります。二交代制だと、実際家にいられる時間が長くなりますので、子どもが学校から帰って来るときには家にいられる日が多くなります。

 

【どうやって乗り越えるか】
 いいところもありますが、やはり一晩通しで働くというのは大変。「そんな長い時間働けない!!」と思う人もいれば、「まとめて働いた方が楽」という人もいますね。どうやったら上手に二交代をやっていけるでしょうか?ちょっとしたコツをあげてみましょう。

 

・夜勤の日は朝ゆっくりと子どもを送りだす
・昼食後から出勤ギリギリまで昼寝をする
・雑用は深夜明けの方にいれて、勤務前はできるだけのんびりする
・夜勤用にコーヒーを常備する
・栄養ドリンクを出勤前と、朝のもう一頑張りの時間(朝5時頃)飲む
・深夜明けは少しだけ寝て、無理に起きてリセットする
・深夜明けのご褒美(スイーツやお風呂)を用意しておく
・深夜明けはぼーっとしていてもできる用事をする
・深夜明けは早めの夕飯にして、子どもとゆっくり夜を過ごす

 

 夜勤前にできるだけ休むことと、夜勤明けに上手に体を昼間の生活に戻すことがポイントです。勤務したらもうコーヒーと栄養ドリンク、あとは気力で乗り切ります。それを支えてくれるのは、子ども・家族です。

 

 

 どうせ夜勤をするなら収入のためと考えずに、ポジティブにしたいものですね。上手にこなせば夜勤は時間とお金を作り出してくれますから。