看護師の夜勤手当 平均はどのくらい?

 夜勤手当は大きな収入源で、給料の中でもかなりの額を占めます。では、夜勤手当ってどのくらいが普通なのでしょう?
【病院によってこんなに差がある】
 夜勤手当は医療機関で金額のばらつきが大きいものです。平均いくらという正確なデータはありませんが、いろいろな手当のつけ方があることがわかります。準夜と深夜で別れているところから、二交代のため通し1回分で決まっているところもあります。

 

 低いところでは、三交代の夜勤1回分が3000円なんてところも…これはひどすぎますね。そして逆に高いところでは10000円超えるところも。この差は3倍以上にもなります。
 また、経験年数によって若手が1回で5000円、ベテランが10000円という設定にしている病院もあります。

 

 夜勤を通しで1回やるだけで20000円近い収入になるところもありますから、大きな収入源です。
【基本給と併せて考えよう】
 夜勤手当の額は転職時に気になるところですが、それだけではなく必ず基本給も併せてチェックしましょう。

 

 夜勤手当は基本給に上乗せされる分ですから、ボーナスには影響しません。ボーナスや退職金を考えると、基本給の高いところを選びたいところです。夜勤ができなくなったとき、夜勤手当を頼りにしていると受け取る給料が下がってしまいます。

 

 看護の世界は基本給以外の給料の割合が他の職種と比べて高く、基本給の割合は低目です。私立では、夜勤をやれる看護師の確保のため、日勤のみの看護師の基本給を下げて、夜勤手当を上げているところもあります。介護職でも夜勤をやると、看護師よりも給料が高いのです。

 

 また、夜勤専属看護師というものもあります。このような働き方の場合はは基本給ではなくて、時給で計算されることがあります。基本給+月20回分の夜勤(3交代で)手当を出すと、とんでもない金額になるからです。

 

 まだまだ女性社会なので、夜勤のできる人を確保するのに病院は躍起になります。ですから、中には基本給もしっかりもらって、実質は月の殆どを夜勤にして夜勤手当をたっぷりいただく、20代の准看護師で月40万超える人もいるのです。
【前向きにやってみる】
 年齢を重ねると、誰でもずっと夜勤を続けることは難しくなります。ですが、夜勤はやはり大切な収入源。日勤でする残業を考えると夜勤の残業の方が少ないのに、更に夜勤手当がもらえてお得です。
 ですから、やれる間は前向きにガンガン夜勤をやって稼いでおくというのも、一つのスタイルとしていいでしょう。夜勤をずっとメインでやっていて、40代・50代になったら日勤のみの仕事にシフトするということも可能ですから。

 

 

 夜勤は大切な収入源。そして勉強にもなります。どうせ月に20回勤務するなら、その都度プラスαもらえる夜勤はおいしいですね。けれど、家庭とのバランスや体調管理には十分注意しましょう。何のために働くかわからなくなってしまいますからね。